裁断機(ペーパーカッター)

「裁断機(ペーパーカッター)」の有益情報をお届け!

本が捨てられない人へ

富士通のスキャナーSCANSNAPでたまった古本をデータ化してスペース有効化

本が捨てられない人へ
いらなくなった本は、ページをバラバラにしてスキャナーでパソコンに取り込むことで一気に部屋が片付きます

富士通のScanSnapS510の使い方を中心に紹介していきますが、他メーカー、他製品のスキャナーでも、使える情報だと思います。
是非参考にしてください
楽天売れ筋ランキング「スキャナ」を見る方はこちら
2012年04月24日
2010年11月29日

仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか?




この本の88ページに
「キンコーズ」で本の背中をカットしてくれるサービスが紹介されています。

S510の使い方についても数ページに渡る記述があり、参考にできると思います


いやーしかし
レッツノート欲しいなー
「レッツノート 中古」の検索結果
2009年07月19日

これだけは失敗したと思っています

ScanSnapを買って半年くらい経ちますが、
基本的には今のところ、大量の本も、紙の資料も片付き、
動作不良もなく、
満足度は非常に高いのですが、

今までは当たり前だと思っていたのですが、
よーく考えてみると
「これは大きな失敗だったな」
と思うことが出てきました。

何だと思いますか?

裁断機(ペーパーカッター)。

なんですよ。

私の場合、
アマゾンでScanSnapと並べて紹介されていた裁断機を
よく考えもせず買ってしまったのですが、

いや、これはこれでよく切れるし、
大量の本を短期間で処理するのには、
大変使い勝手がよかったのですが、

あらかた片付いた後、
この裁断機
大きいが故に、
大変、置き場に困ってしまうんです。

大量の本の山を
目の前にしているときは、
それを何とか早く片付けたい気持ちが大きく、
それが片付いた後のことまで
想像が及ばないんですね。

この右カランの下の方に
貼ってある広告を見てもらえるとわかるんですが、
1万7100円もします。

実際、もっと安くてコンパクトなやつでも良かった。

そう思っています。

あ、でも
1000冊レべルで蔵書がある人は、
こういう図体がでかくて刃が大きいものの方がおすすめです。作業効率が全然違うと思いますので、

(参考までに動画→http://www.youtube.com/watch?v=HIwu7-CRLr4&feature=related
しかし、
そんなには本がない、
という方には、
もっと小さい裁断機を買った方がいいです。

大きい裁断機だと
オークションに出品しようにも買う人がそうそういるとは思えませんし
あとは
鉄を買ってくれる廃品業者を探して
売るぐらいしかありません。

ScanSnapの紙送りのサイズが
A4までですので、
A4サイズまで切れる裁断機を購入することをお薦めします。

つまりですね。
300ページなり400ページなりの分厚い本を一気に切るとなると、
大きな裁断機も必要になりますけど、

本を裁断する前に
こうやって細かくバラせば問題ないんです。


img064.jpg



著作権の目的となっている新聞、雑誌、書籍等の著作物は、個人的または家庭内、その他これらに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とする場合を除き、権利者に無断でスキャンすることは法律で禁じられています。 また、スキャンして取り込んだデータは、私的使用の範囲内でご使用をお願いいたします。 本.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。