ストレングスファインダーその2

「ストレングスファインダーその2」の有益情報をお届け!

本が捨てられない人へ

富士通のスキャナーSCANSNAPでたまった古本をデータ化してスペース有効化

本が捨てられない人へ
いらなくなった本は、ページをバラバラにしてスキャナーでパソコンに取り込むことで一気に部屋が片付きます

富士通のScanSnapS510の使い方を中心に紹介していきますが、他メーカー、他製品のスキャナーでも、使える情報だと思います。
是非参考にしてください
楽天売れ筋ランキング「スキャナ」を見る方はこちら
2011年01月05日

ストレングスファインダーその2

スキャンした本はPDFの書類としてHDにファイル分けされて溜まっていくわけですが、
これを眺めていると、分かることがあります。

リアルの本棚には大きな欠点がある、ということです。

リアルの本を並べた本棚は
持ち主の心を丸裸にします。
第三者がある人の本棚を見ると、その人が何に興味を持っているか、本の背表紙を見るだけで分かってしまう。

他人の家にお邪魔すると、
本棚が気になるじゃないですか。

また逆に、
見られる、というのはなんとも恥ずかしいというか、いやなものです。

で、何がイカンというと、
本棚を見られると恥ずかしい、という理由で、買わない本が出てきてしまう、ということです。

たとえばマンガ、とか、
コンプレックスに関する本、とか
性に関するもの、とか。


で、
この1年くらい、本を買い、PDF化して
ファイルにまとめて来て、
何のジャンルのデータが増えたかというと
私の場合、性に関する本でした。(笑)





posted at 09:00
Comment(0)
カテゴリー:読書って素晴らしい
エントリー:ストレングスファインダーその2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
著作権の目的となっている新聞、雑誌、書籍等の著作物は、個人的または家庭内、その他これらに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とする場合を除き、権利者に無断でスキャンすることは法律で禁じられています。 また、スキャンして取り込んだデータは、私的使用の範囲内でご使用をお願いいたします。 本.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。