富士通のスキャナーSCANSNAPでたまった古本をデータ化してスペース有効化

本が捨てられない人へ
いらなくなった本は、ページをバラバラにしてスキャナーでパソコンに取り込むことで一気に部屋が片付きます

富士通のScanSnapS510の使い方を中心に紹介していきますが、他メーカー、他製品のスキャナーでも、使える情報だと思います。
是非参考にしてください
楽天売れ筋ランキング「スキャナ」を見る方はこちら
2010年03月18日

ScanSnap S300が2万円を切っている!

右のバナーを見て欲しいんですけど→

ScanSnap S300が2万を切っています

¥16800!


これは相当お買い得です

このブログ1年続けてますが
こんなに安くなったことは今までありません

このScanSnapの
この機能で¥16800より安くなることが
これから先、あるとは思えないです

だって1万円の家電なんて
ほんとどれもこれもちゃちいーじゃないですか

そこまで値を下げるわけがないので
ここが一番底に近いのでは?

と思っています


ScanSnapには固定ファンが多く
その人たちがその性能に信頼を寄せていますし

二機目購入で選ばれているのがこの機種なのですから




予算の少ない人で
ScanSnapが欲しい!という初ユーザーのかたなどは
この機会に
購入を検討してみてはいかがでしょうか

この値段以上の感動がもたらされること請け合いです









posted at 00:48
Comment(0)
カテゴリー:ScanSnap S300
エントリー:ScanSnap S300が2万円を切っている!
2010年03月04日

本との付き合い方がこう変わる

本との付き合いが
このSCANSNAPでどう変わるのか

このブログでは
おもにこのテーマを中心軸にしています

機械のスペックなどは
メーカーのHPやアマゾンのレビューなどを見てもらえれば
それで事足りると思いますし
わざわざ機械音痴のわたしのでる幕ではないと思っています



強いて言うなら
機械音痴の私でもこのスキャナーは使いこなせる
そしてその利便性を十分に享受している
という事実

たしかにそれは
購入を迷っておられる読書家のかたにぜひ知ってもらいたいことではあります


しかし
わたしが一番このブログで伝えたいのは
「本との関係」についてなのです


何というか
これは
暴言かもしれませんが


「本」に自室を占領されている、ということは
すなわち
本に支配されていることと同じではないか、ということです


本があなたに与えてくれる以上のものを
あなたは本に対して与えてしまっている


自分の快適なスペースを本に明け渡して
それで自分は「知識」に守られている、かのような錯覚を
うず高く積まれた本はもたらします


「本との付き合い方が変わると、人づきあいがかわる」と
前回言ったのは
本との関係を変えるとは、すなわち自分との付き合い方を変えるということと同じだと思うからです

あくまで
人生は自分が主役。

自らの目や耳で世界を味わう。
このことから決して離れてはいけないと思うのです


そうすると
今必要な本とそうでない本が自然に区別され
自分の直感や選択を信じれるようになるのだと思います

そうして初めて「本」は本当の価値を持つ


そんな風に思います





posted at 00:00
Comment(0)
カテゴリー:読書って素晴らしい
エントリー:本との付き合い方がこう変わる
2010年03月03日

人はなぜに大量の本に囲まれることになってしまうのか

わたしはなぜ
大量の本に囲まれることになってしまったのか


蔵書をあらかたスキャンし終わり処分してしまってから
改めて

自分を振り返ってみたところ

やっぱり
コンプレックスにその原因があるのだろうなという気がしています

結局
自分を形作るのは自分の経験なのであって
本を読む、以上に大切なのは
本に書いてある知識を実践し、自分の経験にすること

こういうことに気がつかないと
「読まないといけない」とか「読んでおくべき本」とかを
自分の部屋にうず高く積み上げて満足することになります



「これを読んどけば、周りの人間たちより賢くなれる」

こんな浅はかな思い違いを
僕はずっとしてきたのだ、と最近気付いたのです


良書は、読んだ者を行動に駆り立てます



そうでない本は、単なる時評です




これくらい今のわたしは割り切ってます


人間だってそうでしょう?

よい上司は部下を仕事に駆り立てます。自ら進んで行動するように促します

翻って
駄目な上司は“批評”だけする


前者のような本、前者のような上司に出会うことが
どれだけ人生を豊かにしてくれるでしょう

その違いは図り知れません



SCANSNAPで本を整理する話と関連性がないじゃないか、と思われるかもしれませんが


私の場合
本との付き合い方が変わったとたん
人との付き合い方が決定的に変わりました

これは本当に面白い経験です
無駄に他者に対して
コンプレックスを感じることが無くなったのです




これはSCANSNAPに個人的に最も感謝していることの一つです




2010年03月02日

2万円台のコンパクトサイズが今うれているのは

価格.comのスキャナーランキングを見ているとhttp://kakaku.com/pc/scanner/ranking_0040/
売上上位に
ScanSnap S1300 FI-S1300 など
2万円台のコンパクトサイズのものが来ていますね



もうこれは
外出用の2台目購入がほとんどなのでしょう

実際、レヴューなどを読んでいると
自宅にS500などをすでに持っており
もう一台欲しくなって買った
という人が多いみたいです

まあ、
わたしもそうなんですけど

自宅で
SCANSNAPを使っている人は

職場に来て改めて周りを見渡すと
いかに
紙の書類が無駄にたまっているかに
気が付いてしまい

自分の机周りだけでも何とか整理したくなってたまらなくなるものです



職場の書類なども
蔵書と同じで
どうでもよい書類の山が
本当に必要な書類へのアクセスを邪魔しているのが常、
なんですよね

私も早く
2台目が欲しいです





著作権の目的となっている新聞、雑誌、書籍等の著作物は、個人的または家庭内、その他これらに準ずる限られた範囲内で使用することを目的とする場合を除き、権利者に無断でスキャンすることは法律で禁じられています。 また、スキャンして取り込んだデータは、私的使用の範囲内でご使用をお願いいたします。 本.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。